読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことわざの世界

古いことわざを組み合わせて新しいことわざを作るブログ

鼎の軽重の横好き

甲:この鼎は軽そうだな。 乙:いや、どうも重そうだ。 甲:軽いに決まっている。 乙:重くて当然であろう。 (そこに丁がやってくる) 丁:愚か者!!たわけ者!!痴れ者!! 甲と乙:何だと? 丁:この鼎は、横から見た姿の美しさにこそ価値があるのだ! …

蟹は栗を拾う

「猿蟹合戦」の蟹は戦いが終った後で、きちんと後片付けをし、栗を拾ったという。 どのような場合でも、後片付けやマナーが大切だという教え。 生徒:お腹が痛いなあ、立っていられないほどだ……。 先生:おっ!廊下の隅に落ちているゴミを拾っているとは、感…

金は天下の菖蒲か杜若 

どちらか分からない、どちらとも言えない、はっきりしないことを指す。 物事とは、しばしば明確に割り切れるものではないため、価値判断や態度を保留しておくべき際などにも使う。 若者:金なんかには目もくれず、自由に生きてやるぜ! 老人:待て、お若いの…

壁に耳あり砂を掛ける 

村人:村長!だ、大事件ですぞー! 村長:そう慌てるでない。 村人:急に、壁から耳が生えてきたのですぞー! 村長:ま、適当にその辺の砂でもかけておくがよいわ。 (翌朝) 村人:早速やってみましたが、たちまち耳が消え失せたですぞー! 村長:はっはっ…

風が吹けば縁の切れ目

人との縁は、些細なことが原因で切れてしまうものである。 だからこそ、くれぐれも大切にせよという教え。 後輩: 卒業式だの、謝恩会だのなんて、行く意味あんのかよ?馬鹿くせえんだよ。 先輩:ふざけるな!馬鹿はお前だ! 後輩:えっ!? 先輩:「風が吹…

蛙の子の煮えたもご存じない

憎い相手を、きわめて巧みに騙している様子。 変なものを料理や食べ物に入れ、それを食べさせたくなるほど憎い相手に使う。 A子:まあ、美味しそうなシチューですこと! B子:おほほ、とっておきの秘密のレシピですのよ~(しめしめ、蛙の子の煮えたのもご存…

痒いところに蓋をする

痒くてたまらない部分に、鍋や薬缶の蓋をぴったり当ててみると、あら不思議!意外なことに、すっかり痒みが治まったのであった。 解決に通じるかもしれない意外な人選や方法を指す。 甲:あの某さんが、畑違いの商品開発課に配属されるとは! 乙:まさに「痒…

禍福は福がある

「禍福」という言葉には「禍(=わざわい)」もあれば「福」もあり、半々である。往々にして人は禍に目を向けてしまいがちであるが、福だって半分もあるという前向きな考えが好ましいという意味。 上司:コップに半分の水が入っている。これを「もう半分しか…

河童の祭り

最近の若者に「無礼講」と言っても意味が通じるかどうか、怪しいものである。 そんな時に「今日は無礼講だ!」ではなく「今日は河童の祭りだ!」と言えば、何となく意味を察してくれる可能性が高まる。 つまり、目下の者に対して「羽目を外してもよい」と促…