読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことわざの世界

古いことわざを組み合わせて新しいことわざを作るブログ

坊主憎けりゃ魂入れず

職人:ちきしょう、あのクソ坊主だけは許せねえ! 仏師:女や子供、貧乏人を食い物にして生き血をすするという、あの極悪人の目僧正か……。 職人:あんな奴のために苦労して、仏像を造るなんて馬鹿げてるぜ! 仏師:そんな時は、適当に形だけ整えておけばいい…

仏作って木乃伊になる

ある人が仏像を彫っていると、猛烈な暑さのために木乃伊が出来上がってしまったという。日本の夏はそれほどの猛暑になりかねないので「暑い時期はほどほどに休め」と注意を促す意味となった。 先輩:真夏のこんな暑い時期にまで、朝から晩まで練習しているの…

坊主憎けりゃ元旦にあり

坊主を憎んでいると、いきなり元旦からテレビに出てきたりする。 このように、憎しみを持つことで、かえって憎んでいる対象を招き寄せてしまうような状態を指す。遠回しに「嫌うのではなく、寛容であれ」と諭している。 やくざ坊主 [DVD] 出版社/メーカー: K…