新しいことわざの世界

古いことわざを組み合わせて新しいことわざを作るブログ

前書き

・このブログは2016年1月より、既存のことわざ(故事成語や四字熟語、慣用句なども含む)を組み合わせて、新しいことわざを考えるブログとしてスタートした。

・2015年12月までに書かれた「回文春秋」「季語と季節は何でしょう」というブログの続編のような性質を持っている。

 

hiruyo.hateblo.jp

 

・架空の辞典のようなものなので、意味や用例は全て嘘、出鱈目、でっちあげ、フィクションであり、実在の人物名や国名とは無関係である。

・カテゴリーは主に「あ」「い」「う」など、冒頭の一文字で区別する。ただし濁った音と清音は区別しない。「べ」も「ぺ」も「へ」も同じ「へ」とする。

 

 

・二つのことわざの前半と後半を足して新しい諺を作っているが、読みにくくなる場合は間に「、(読点)」を入れている。

・元になったことわざを付記するべきかどうか検討していたのだが、読者に少し考えてもらう「間」を置きたいので、挿絵の代わりにアマゾンの商品リンクを貼っておき、その下に書くこととした。

・「新しいことわざ」から、元になったことわざ(二つ)を当てるというクイズも楽しめる。

・更新は平日零時半頃の予定。

・当ブログは、Google AdSenseを利用しています。

・当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。

・ご要望や書き間違いの指摘などは、コメント欄に書いていただければ対応いたします。

・ご連絡やお問い合わせなどは、こちらのフォームからいつでも、お気軽にどうぞ。