新しいことわざの世界

古いことわざを組み合わせて新しいことわざを作るブログ

仏作って木乃伊になる

ある人が仏像を彫っていると、猛烈な暑さのために木乃伊が出来上がってしまったという。日本の夏はそれほどの猛暑になりかねないので「暑い時期はほどほどに休め」と注意を促す意味となった。

 

先輩:真夏のこんな暑い時期にまで、朝から晩まで練習しているのか?

後輩:うっす!練習あるのみっす!

先輩:「仏作って、木乃伊になる」という諺もあるぞ。

後輩:そっすか、知らなかったす。

先輩:少しは練習を休んで「新しいことわざの世界」を毎日読まんか!

後輩:うっす!早速、読んでおくっす!

 

 

あきらめ・木乃伊の口紅他四篇 (岩波文庫 緑 112-1)

あきらめ・木乃伊の口紅他四篇 (岩波文庫 緑 112-1)

 

 

「仏作って魂入れず」「木乃伊取りが木乃伊になる」