新しいことわざの世界

古いことわざを組み合わせて新しいことわざを作るブログ

驕る平家は手をひねる

地位や財力を頼みとして勝手に振る舞う者は、暇つぶしに自らの手をひねって「痛い、いてて!」と痛がっていられるほどの余裕があるものだ。

圧倒的な実力の差があること。

 

アナウンサー:おーっと、わざと日本に三点リードさせてから、後半だけで五点を取ったブラジルの勝利です!

解説者:力に差がありすぎますね。驕る平家は手をひねる、ですわ。

 

 

吉村昭の平家物語 (講談社文庫)

吉村昭の平家物語 (講談社文庫)

 

 

「驕る平家は久しからず」「赤子の手をひねる」