新しいことわざの世界

古いことわざを組み合わせて新しいことわざを作るブログ

木で鼻を見て地獄

楚の国に住む目さんという男が、山で仙人に出会った。

 

仙人:この不思議な木を覗いてみるのじゃ。

目:いったい、何が見えるというのでしょう?

仙人:意外な物が見えるのじゃよ。

目:どれどれ。……うわーーー!!

 

木の中には、そこにある筈のない自分の鼻が見えたため、目さんは気絶してしまった。それからというもの、もともと調子の悪かった頭の具合がさらにおかしくなったという。

このように、意外なものを目撃してしまった結果、とんでもない悲劇を招いてしまうような事態を指す。

 

依頼人:妻が浮気をしているかも知れないので、調査をお願いします!

探偵:お言葉ですが、おやめになった方がよいのでは?相手がわかると逆に困るケースが多いのです。

依頼人:(ドキッ)

探偵:「木で鼻を見て地獄」とも言いますからね。

 

 

 

木で鼻を扱くる」「聞いて極楽見て地獄」