読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことわざの世界

古いことわざを組み合わせて新しいことわざを作るブログ

諺ひとり旅:来月は週二回

f:id:ankoro:20160219082934j:plain

 

いよいよ作り置きの新しいことわざストックが切れかけてきたので、来月は少しペースを緩めて、週に二回くらいの更新にしてみたい。

厳密に言うと「新しいことわざ」そのものはまだ作成できるのだが、例文や会話のやり取りを考えるのに時間がかかるようになってきている。

あの例文やコント風のやり取りは、なるべくいい加減に書くように努力しているつもりでも、ついつい長くなってしまったり、力のこもった会話になってしまう。

もっとチャランポランに行きたいのだが、単にことわざを言っているだけ、という文を書いても退屈だし、絶妙の力の抜け加減をかもし出すために、壮絶なまでの、血みどろの、命がけの死闘を繰り広げているのであった。

しかしどうも、全身全霊で適当さを演出して例文を書いていると「目さん」の登場回数が多くなる。自分ならどのように扱ってもよいので、書きやすいからである。

ただ、あまりこればかりが続くのはよくない。

例文の中に自分のブログの宣伝を入れるというパターンも、やや多過ぎるので自制しなければならない。

「ぎゃふん」「助けて~!」で終わるパターンも控えなければならない。

最近「魚面ライダー」というのを考えたのだが、二回目で既に終わりっぽい雰囲気になってしまった。

もっと、新しい人物や状況を考えなければいけない。

張り込みの刑事、医者と患者、犯人と探偵、作家と編集者、宇宙人と目撃者など。

読者の皆さんも、こういう組み合わせがあるよ!こういう状況を出してよ!というリクエストがあれば、ぜひお寄せ下さい。

 

f:id:ankoro:20160219084930j:plain

 

では、家元は帰るぞ。